Googleアナリティクス4で「チャネル」を調べる方法 [GA4]

こんにちは。竹内たかしです。

今回はGoogleアナリティクス4プロパティ(以下GA4)で旧Googleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)にあった「チャネル」を見る方法について解説します。

チャネル。ユニバーサルアナリティクス時代はよく見てました。

ただ、GA4になってチャネルのページ(レポート)が無くなったばかりか、「チャネル」という言葉自体が目立たなくなりました。

じゃ、GA4でチャネル(流入経路)は見られないのかというと、そういうわけではありません。

GA4では、いくつかのレポートに分かれて「旧チャネル」を見ることができます。

順番に紹介していきますね。

GA4で「旧チャネル」が分かる場所① トップページ

GA4ではチャネルの代わりに「メディア」が中心となりました。

ユニバーサルアナリティクスでもあった「参照元 / メディア」の「メディア」ですね。

チャネルが完全に消えたわけではないのですが(後述)、基本は「メディア」という捉え方が中心になります。

というわけで、トップページの「チャネル」もとい「メディア」は、この辺りにあります。

GA4を開いて、すぐ見たいという方におすすめです。

GA4で「旧チャネル」が分かる場所② 「集客」→「ユーザー獲得」

「もっと詳しく見たい」という方は、「集客」の中の「ユーザー獲得」レポートを使いましょう。

ここが一番詳しいし、このレポートが実質的に「旧チャネル」レポートと言っていいでしょう。

GA4で「旧チャネル」が分かる場所③ 「集客」→「トラフィック獲得」

ここはデフォルトでは「参照元 / メディア」が表示されています。

しかしデータ表にあるプライマリーディメンション「セッション参照元 / メディア」をクリックすると・・

「セッションのデフォルトチャネルグループ」を選択することができます!

ユニバーサルアナリティクスの「Defaul Channel Grouping」、まさしくチャネルです。

「メディアじゃなくて、チャネルがいい」という方は、こちらをどうぞ。

チャネルがここに残っている理由は不明ですが、「旧チャネル」には無かったチャネル名があるので、全く同じというわけではなさそうです。

「新チャネル」で新しく登場したチャネル名

Unassigned(未割り当て)

どのカテゴリーにも当てはまらないものは「unassigned」とされているようです。

ユニバーサルアナリティクスで言うところの「others」と同じと考えてよさそうです。

Organic Social

オーガニックソーシャル!すごいのが出てきました。

ソーシャルメディアの検索から来たということですね。

細かく言うと、Organic Socialは参照元かメディアのいずれかがソーシャルメディアであるチャネルになります。

日本語で何て言うんだろ?「自然ソーシャル」?

まとめ

以上、ユニバーサルアナリティクスのユーザーに向けて、GA4でチャネルを見る方法をお伝えしました。

一応、チャネルはかろうじて残っていますが、GA4では「メディア」で考えた方がいいのかもしれませんね。

今回は以上になります。

最後までご利用頂き、ありがとうございました。