Googleアナリティクス4の設置/設定でお困りではありませんか

さようなら直帰率:GA4で直帰率を考える代わりにすべきこと

直帰率




こんにちは。竹内です。

長年にわたって親しんできた「直帰率」。残念ながら?GA4では見当たらなくなりました。
直帰率を知りたいとき、今後どうすればいいんでしょうか。


直帰率の代わりになるものは無いんでしょうか。
その辺りをまとめました。
直帰率が無くなってモヤモヤしている人は、これを読んでスッキリしてください。

直帰が無くなったワケ

直帰すればダメ。しなければ(とりあえず)OK。こういう考え方自体、古いのかもしれません。

なぜなら、1ページめだけで離脱(直帰)したとしても、

  • 1ページで完結するコンテンツだった
  • ユーザーが満足している
  • 1ページに十分なボリュームがある
  • 1ページめでコンバージョンした

ということもあり、直帰したからと言って一律に否定すること自体に無理があるからです。

こういう考えは以前からあり、Googleもその辺りを考えて直帰(数・率)というものを外してきた可能性があります。

ちなみに離脱数は無くなっていません。

ユニバーサルアナリティクスのような離脱レポートはありませんが、探索を使えばページごとの離脱数を調べることができます。

以下の記事にまとめてありますので、GA4での離脱数レポートの表示方法が知りたい方はご覧ください。

ridatusuu

GA4では「エンゲージメント」を見る

直帰の代わりになるものはありません。

あるとすれば、それはエンゲージメントです。

エンゲージメントとは「サイトやアプリに対するユーザーの操作」(アナリティクスヘルプ)のことです。

GA4では、ページを下までスクロールして見たり、動画を再生したりといったユーザーの能動的な行為のことをエンゲージメントと呼んでいます。

またセッションについても「セッション」とは別に

  • セッション時間が継続して10秒以上ある
  • 2ページ以上閲覧している
  • コンバージョンしている

のいずれかに該当するセッションを「エンゲージメントのあったセッション」と定義しています。

図にすると下のような感じです。

「白い部分がエンゲージメントしていないセッション」になります。

ちなみに直帰したセッションは、下図の「水色以外(グレー)の部分」になりますが、この数値はGA4では出ていません。

GA4では直帰の有無だけではなく、セッション時間やコンバージョンも併せた「エンゲージメント」で考えなさい、ということなんでしょう。

なおエンゲージメントについては、下の記事にまとめておきましたので、是非そちらも併せてご覧ください。

ga4_engagement

さようなら直帰

というわけで、タイトルにもある通り、GA4では直帰とお別れすることになりそうです。
直帰に慣れ親しんだ方も、GA4ではエンゲージメントをベースに考えるようにしていきましょう。