フォトショップ基礎:ツールバーの使い方。これだけ知っておけば大丈夫

ツールバーとは、画面左にあるツールが入っている部分のことです。

今回は、フォトショップ初心者の方を対象に、ツールバーの基本的な使い方を解説します。

ここで紹介しているポイントさえ押さえておけば、ツールバーはOKです!

ツールバーの使い方1:1列にも2列にもできる

ツールバーはデフォルトでは下図の左側のようになっていますが、矢印をクリックすると、右のように2列にできます。
もう一度、クリックすると1列に戻ります。

1列か2列かは、好みの分かれるところですが、私は2列で作業することが多いです。
動画でも2列で解説しています。

ちなみに、その下の縦線が入っている部分をドラッグすると、ツールバーを移動することができます。

ツールバーの使い方2:プレスで隠れているツールを表示

ツールをよく見ると、右下に小さい▲がついているものがあります。

そのツールは、中に別のツールが入っているツールです。

ツールをプレス(押しっぱなしにすること)すると、下のように別のツールが選択できます。

なお、ツールの横に表示されているアルファベットは、ショートカットです。

上の例で言うと、キーボードの「M」キーを押すと、長方形選択ツール(または楕円形ツール)に切り替わります。

切り替わらない場合は、全角入力になっています。半角英数字にしてからキーを押して下さい。

なお、テキストツールを選択していて、画面上の入力欄が出ている時は、文字が入力されるので注意しましょう。

ツールバーの使い方3:ツールオプションバーを見る習慣をつけよう

ツールオプションバーとは、画面の上に表示されているツールの設定を行う部分のことです。

ツールオプションバーの表示は、ツールの設定を変更するためのバーです。
同じツールでも、ツールオプションバーの設定で機能を調整できるわけですね。

そのため、選ばれているツールの種類によってツールオプションバーの表示は異なります。

例えば、移動ツールを選択したときのツールオプションバーは、下のようになります。

それに対し、長方形選択ツールを選択したときは、次のようになります。

似ているけど、ちょっと違いますね。

特にフォトショップの使い方に慣れていないときは、ツールオプションバーに目的の機能が無くて、慌ててしまいがちです。

これは、単に選択しているツールが違うだけということが多いので、そういう場合は選んでいるツールを確認するようにしましょう。

ツールバーの使い方4:詳細ツールチップ、ツールヒントの非表示

詳細ツールチップとは、ツールにマウスを合わせると表示される短い動画のことです。

初心者の頃は心強いのですが、慣れてくると詳細ツールチップは邪魔だったりします。

そういう時は環境設定(Ctrl+K)で非表示にできます。

左の「ツール」の2番目にある「詳細ツールチップを表示」のチェックを外すだけです。

ちなみに一番上にある「ツールヒントを表示」ですが、こちらはマウスを重ねると表示される黄色いヒントのことです。

こちらは、ツール名を確認するのに便利なので、表示されておくといいでしょう。