Googleアナリティクス4でUser IDを設定する方法 [GA4]

Googleアナリティクス4プロパティ(以下GA4)では、User IDを手動で設定する必要があります。

方法はGoogleタグマネージャー(GTM)を使う方法と、gtag.jsを使う方法と二つあります。

この記事では、タグマネージャーを使う方法について説明します。

Googleタグマネージャーを使ったUser ID設定の流れ

User IDはファーストパーティクッキーに紐付けることで機能します。

そのため、まずGoogleタグマネージャーの「変数」メニューで、ファーストパーティクッキーにユーザー定義変数を設定します。

その後、「タグ」メニューでUser IDに設定した変数を指定します。

userid

「変数」メニューでファーストパーティクッキーに名前をつける

Googleタグマネージャーを開きます。

左サイドにある「変数」メニューをクリックし、「新規」をクリックします。

GoogleタグマネージャーでUser IDを設定

画面右から「変数の設定」という枠が表示されます。

そこをクリックします。

Googleタグマネージャーで変数を設定

変数タイプが右から表示されます。

ファーストパーティクッキーを使うため「ファーストパーティCookie」をクリックします。

Googleタグマネージャーで変数のタイプを設定

Cookie名を指定します。

名前は自由ですが、User IDに関係するものだと分かるものがいいでしょう。

今回は「userid cookie」としました。「保存」をクリックします。

GoogleタグマネージャーでCppkie名を設定

「タグ」メニュー

「タグ」メニューをクリックします。

Googleアナリティクス4プロパティのタグをクリックします。

Googleタグマネージャーのタグメニューへ移動

画面上の「タグの種類」にあるタグを改めてクリックします。

Googleタグマネージャーでタグの種類を選択

すると画面が縦に広がり、「設定フィールド」に入力できるようになります。

「行を追加」をクリックしましょう。

Googleタグマネージャーの設定フィールドに行を追加

追加された行の「フィールド名」に「user_id」と入力します。

この部分は決まっているもので、自由に変えることは出来ません。

同じ行の右側のボタンをクリックします。

Googleタグマネージャーでフィールド名を追加

「変数を選択」画面が表示されるので、先ほど指定した「userid cookie」をクリックします。

Googleタグマネージャーで変数を選択

「フィールド名」と「値」が入力できました。

右上の「保存」をクリックします。

Googleタグマネージャーで設定を保存

Googleアナリティクス4プロパティで難しくなったUser IDの設定

以上で設定は完了です。

User IDはクロスデバイストラッキングに重要な機能なので、ぜひ設定しておきたいところです。

従来のGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)では、管理画面でボタンをクリックするだけで設定できたUser IDですが、GA4では難しくなってしまいました。

この理由は分かりませんが、個人的にはGA4で最も戸惑った部分でした。

最後までご利用頂き、ありがとうございました。