Googleアナリティクス4の設置/設定でお困りではありませんか

GA4の探索でランディングページごとのコンバージョン率を調べる方法

ランディング




こんにちは。竹内です。

この記事をご覧になっているということは、ランディングページごとのコンバージョン率を知りたいからだと思います。

ただ、最初にお断りしておくと、この記事を書いている時点では

GA4ではコンバージョン率は表示されません

恐らく、今後も表示されないものと思われます。

しかし「それでもGA4でコンバージョン率のデータを見たい」方に向けて、この記事を書きました。

今回ご紹介する方法は

GA4の探索でセッション数、コンバージョン数のデータを表示した後で、GA4からGoogleシートにデータを書き出して、そこでコンバージョン率を表示する方法

です。

それでは、始めましょう!

GA4の探索で、セッション数とコンバージョン数を表示する

GA4のメニューから探索をクリックし(①)、テンプレートから「空白」をクリックします(②)。

画面左上の「データ探索名」を「LPごとのコンバージョン数」にします。
本当は「コンバージョン率」にしたいところですが、コンバージョン率はここでは出せないので「数」にしました。

GA4探索

データ探索名のすぐ下にある期間を設定したら、「ディメンション」の横にある+ボタンをクリックしてディメンションを追加します。

ディメンションとは、見たい項目のことです。
今回は「ランディングページ」の「コンバージョン率」が知りたいので、ここでは「ランディングページ」がディメンションになります。

「ページスクリーン」の中にある「ランディングページ」にチェックを入れましょう。
また、それが何のページが分かりやすくするために「ページタイトル」もチェックして、ディメンションに加えます。

両方チェックできたら、右上の「インポート」をクリックします。

ディメンションの部分に「ページタイトル」と「ランディングページ」が配置されました。
ただ、この状態だとまだ「準備しただけ」なので、画面右は「データがありません」のまま何も表示されていません。

続いて指標も準備しましょう。
指標とは、先ほどの「ランディングページ」の「コンバージョン率」が知りたい、の「コンバージョン率」にあたります。

ただ、最初にも書いた通り、コンバージョン率はGA4には無いので、ここでは「コンバージョン数」と「セッション数」を使います。

「イベント」の中の「コンバージョン」と「セッション」の中の「セッション」にそれぞれチェックを入れて、インポートします。

これでディメンションと指標が準備できました。

下のようにディメンションに用意した「ページタイトル」と「ランディングページ」を、「行」にドラッグして配置します(順番はどちらが上でも構いません)。

続いて「指標」に準備した「セッション」と「コンバージョン」を「値」にドラッグして配置します。
すると、下のようにテーブル形式の図が表示されました。

項目数が少ないので、「表示する行数」を「10」から増やしておきます。
今回は「100」にしてみました。

項目数が増えました。
当初はセッション数が多い順に並んでいます。コンバージョン数順に並べたい場合は、右上の「コンバージョン」とある部分をクリックします。

GA4での作業は、ここまでになります。

探索の結果をスプレッドシートへ書き出す

このデータをスプレッドシートにエキスポートしましょう。
右上のエキスポートから「Googleスプレッドシート」を選択します。

下のような画面になるので「Import the data」のボタンをクリックします。

データがGoogleスプレッドシートに書き出されました。

「コンバージョン」の右のセルを使いたいので「総計」という文字を削除します。

「コンバージョン率」という項目を作り、そのすぐ下に割合を表す関数を入力します。

全体のコンバージョン率が表示されました。
桁数が多いので「小数点以下の桁数を減らす」のボタンを何度かクリックして、桁数をへらします。

桁数が減ったら、オートフィル機能を使って表の下までドラッグします。
これでランディングページのコンバージョン率が表示されました。

コンバージョン率を考える(まとめ)

今回見てきた通り、コンバージョン率はセッション数とコンバージョン数を使って計算します。

しかしGA4はセッション数中心だったUA(ユニバーサルアナリティクス)と異なり、ユーザー中心のツールです。

それもあって「コンバージョン数はあるけど、コンバージョン率はない」のかもしれません。

コンバージョンすればOKだった従来のUAと異なり、よりLTV(ライフタイム・バリュー)を重視してることも背景にあるのでしょう。

私たち利用者としては、まだまだコンバージョンに重きを置いているわけですが、今後は(業種にもよりますが)さらにLTV中心に変わっていくのかもしれないと思います。

今回は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。