GA4をSearch Consoleと関連付ける方法と新しくできるようになること

GA4とSearchConsoleを連携

GA4をSearch Consoleと関連づけることができるようになりました。ここでは、そのステップと、関連づけにより新しく見れる機能について紹介します。

GA4とSearch Consoleを関連付ける手順

Search Console を開きます。

左メニューの「設定」をクリックし、右画面から「協力者」を選びます(下)。

下の方にGA4が関連付けられるようになったとの表示があるので、その中にある「関連付ける」をクリックします。

関連付けたいプロパティを選択します。

目標のプロパティが見当たらない人は、正しいGoogleアカウントでログインしているか確認しましょう。

「続行」をクリックします。

データストリームを選択します。「続行」をクリックします。

関連付けの確認画面になります。

「以下は可能になりません」と表示されていますが、これはSearch Console InsightsがGA4ではまだ使えないという意味なので、気にせず「関連付ける」をクリックしましょう。

少し待ちます。

関連付けが完了すると、ユニバーサルアナリティクスの上にGA4が関連付けられているのが確認できます。

以上で関連付けは完了です。

Search Consoleと関連付けることで、GA4でも検索クエリが確認できるようになる

Googleアナリティクス(GA4)を表示します。

「集客」→「集客サマリー」を選択し、右側を下までスクロールすると、「GOOGLEオーガニック検索トラフィック」と「GOOGLEオーガニック検索クエリ」が表示されています。

「GOOGLEオーガニック検索トラフィック」は自然検索からの流入を多く集めたページを表示しています。

「GOOGLEオーガニック検索クエリ」は。 自然検索で利用された検索クエリ(キーワード)です。

なお「GOOGLEオーガニック検索トラフィック」は、デフォルトでは「Googleオーガニック検索の表示回数」ですが、他にも「エンゲージメント率」等が選択できます(下)。

また、 「GOOGLEオーガニック検索クエリ」もデフォルトは 「GOOGLEオーガニック検索 のクリック数」ですが、クリック率等も選択できます(下)。

さらに 「GOOGLEオーガニック検索トラフィック」 は、よく検索されたページ以外にも「国」と「デバイスカテゴリ」が選択できます。

GA4とSearch Console関連付け まとめ

これまでユニバーサルアナリティクスでしかできなかったSearch Consoleとの連携ですが、GA4でもできるようになりました。

まだ設定されていない方は、すぐにでもやってしまいましょう。

「設定したが、表示されない」等がありましたら、お問合せフォームからお問合せ下さい。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。